どうぶつのわ

奇形腫のグリーン・イグアナの1例    熊本 山鹿市

今回はエキゾチックアニマルの症例紹介です。

 

エキゾチックアニマルとはイヌ、ネコ以外の動物のことを言います。

 

 

当院ではエキゾチックアニマルの診察も得意としており、

ホ乳類ではウサギ、フェレット、ハムスターなどの

小型ホ乳類から

鳥類、爬虫類まで幅広く診察しています。

 

 

今回はそんななかでも珍しいグリーン・イグアナの症例を

紹介したいと思います。

 

 

症例は

グリーン・イグアナのメス、5歳齢、体重4.76 kg、全長 41 cm

 

 

食欲低下、腹囲膨満を主訴に来院されました。

既往歴として15ヶ月前に卵詰まりがありました。

 

 

 

 

初診時、レントゲンにて体腔内に軟部組織陰影の構造物を認めました。

 



 

 

卵吸収を疑い治療を行っていましたが、

症状の改善・悪化を繰り返したためCT検査を近隣病院で

行いました。

 

 

 



CT検査にて体腔内両側に境界不明瞭な腫瘤病変を認めました。

 

 

 

 

 

(以降、手術写真などが出てきます)

 

 

 

 

 

症状改善のため、開腹切除を試みました。

 


体腔内の腫瘤を出したところです。

非常に巨大な腫瘤であるということが

隣の鉗子と比較することで分かります。

(鉗子は手のひら位の大きさです)

 

 


取り出した腫瘤です。

 

体重4.76 kg の体から左右合わせて、800 g 程の腫瘤が摘出されました。

 

 

術後は順調に回復してくれました。

術後4ヶ月の現在、元気にご飯を食べてくれています。

 

 

今回の腫瘤は卵巣由来の「三杯葉性奇形腫」という腫瘍でした。

 

 

 

従来、グリーン・イグアナには腫瘍性疾患は

少ないとされていました。

 

 

 

 

しかし、イグアナを飼う人が増えたことや、

病院にしっかりつれてきてくれること、

画像診断装置の発達、普及によって

「実は腫瘍性疾患も結構あるんじゃないのか??」

 

 

ということが言われ始めています。

 

 

 

獣医療は日進月歩です。

 

 

 

常に勉強し、技術を磨き

飼い主様、患者様の為により良い獣医療を

提供したいと思います。

 

 

 

 

 

 

獣医師 村端

 

This entry was posted in 爬虫類の病気. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

トップページ治療案内 当院の理念当院のご紹介設備紹介スタッフ紹介どうぶつのわみんなの写真館よくあるご質問お問合わせ

たかた動物病院 〒862-0913 熊本市東区尾ノ上1丁目43-18 TEL:(096)387-6433 Copyright (C) 2009 Takata Animal Hospital. All Rights Reserved.