どうぶつのわ

乳腺腫瘍のネコの1例   (熊本 中央区)

乳腺腫瘍はネコに発生する腫瘍の中で3番目に起りやすい

腫瘍です。

 

 

 

好発年齢は10〜12歳とされており、

ドメスティック・ショートヘアや

シャム猫が好発種として知られています。

 

 

 

85〜95%が悪性の腫瘍です。

 

 

(以降、手術の写真などが出てきます)

ネコの場合はほとんどが悪性ということがわかっていますので、

外科的に腫瘍を切除することが治療の第1選択となります。

 

 

乳腺腫瘍の予後

ネコ乳腺腫瘍予後

 

 

 

 

ネコの乳腺腫瘍は腫瘍の大きさや外科切除範囲によって

予後が変わります。

 

 

 

 

なるべく早く、大きく取ることで

再発・転移を防ぎ、長生きにつながります。

 

 

 

 

そのため切除するときは乳腺を片側全部切除する、

片側乳腺切除術や、

 

 

両方とも切除する、

両側乳腺切除術が選択し、

 

 

 

 

なるべく腫瘍が小さい段階で手術をすることを

お薦めしています。

 

 

 

 

 

 

 

今回の症例は

 

チンチラ、メス、12歳齢
乳腺のしこりに気づかれて来院しました

 

 

身体検査を行い、右側の第4、5乳腺付近に5mm程の

腫瘤を3つ確認しました。

 

 

 

肺転移や、血液検査上の異常も認められませんでしたので、

片側乳腺切除を行いました。

 

 

 

ネコ乳腺腫瘍 手術

(写真1:手術前)

(写真2:片側乳腺を切除したところ)

(写真3:術後)

 

 

 

 

術後の経過は良好で、

傷のトラブルもなく抜糸を終えることができました。

 

 

 

 

病理診断結果は

乳腺管癌という悪性腫瘍でした。

 

 

 

 

腫瘍は取りきれており、血管やリンパ管への腫瘍細胞の

浸潤は認められませんでした。

 

 

 

 

 

 

現在は元気に生活してくれており、

定期的に診察をしながら、経過観察中です。

 

 

 

 

 

高齢の子は病気を隠し持っていることがあります。

普段からよく観察してあげて下さい。

早期発見、早期治療につながります。

 

 

 

参考文献

小動物臨床腫瘍学の実際 第4版

small animal clinical oncology 5th

 

 

 

 

獣医師 村端健臣

 

 

 

 

 

This entry was posted in 猫の病気. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

トップページ治療案内 当院の理念当院のご紹介設備紹介スタッフ紹介どうぶつのわみんなの写真館よくあるご質問お問合わせ

たかた動物病院 〒862-0913 熊本市東区尾ノ上1丁目43-18 TEL:(096)387-6433 Copyright (C) 2009 Takata Animal Hospital. All Rights Reserved.