どうぶつのわ

月別アーカイブ: 2015年 3月の記事

副腎皮質腺腫のイヌの1例    熊本市 東区

  今回は、他院で治療が困難ということで当院を受診された患者さんについて紹介したいと思います。     チワワ 10歳齢 避妊メス 元気・食欲にムラがあるとのことで他院を受診されました 超音波検査にて副腎腫瘤を認めたが治療困難とのことで、 精査希望で当院を受診されました       当院でも超音波検査を行ったところ左の副腎という臓器が 10mmほどに腫大していました(正常値は6mm程)         副腎はホルモンを分泌する臓器です。 ここが腫大しているということはホルモンを過剰に分泌し、 全身状態に影響を与えている可能性があります。       コルチゾールというホルモンの値を測定したところ 腫大した副腎の影響で クッシング症候群という病気を起こしていることが分かりました。       この検査をACTH刺激試験と言います。 刺激前 10.2 ug/dl   (正常値:1.0-6.0 ug/dl) 刺激後 30 ug/dl以上    (正常値:8.0-18.0 ug/dl)     … 続きを読む

Posted in 犬の病気 | コメントは受け付けていません。

第14回日本臨床獣医学フォーラム九州地区大会に参加しました

2015年3月8日 福岡で開催された 第14回 日本臨床獣医学フォーラム九州地区大会に参加しました。         http://www.jbvp.org           当院からは 獣医師 院長、中尾、村端 看護師 合志婦長、大野が参加しました。           瀬戸口先生による 《筋・骨格系腫瘍の診断における画像診断の活用》という講演では 実際の症例を紹介されながら、超音波検査やCT検査の有用性、必要性について 話を聞くことができ、大変勉強になりました。         ペットの高齢化に伴い、腫瘍性疾患が増えています。             ごくわずかな体調の変化が、 病気のサインかもしれません。   体調の変化に気づかれたら早めに病院に連れて来ていただくことが、 早期発見・早期治療につながるかもしれません。 … 続きを読む

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

トップページ治療案内 当院の理念当院のご紹介設備紹介スタッフ紹介どうぶつのわみんなの写真館よくあるご質問お問合わせ

たかた動物病院 〒862-0913 熊本市東区尾ノ上1丁目43-18 TEL:(096)387-6433 Copyright (C) 2009 Takata Animal Hospital. All Rights Reserved.