どうぶつのわ

月別アーカイブ: 2014年 11月の記事

脾臓血管肉腫のイヌの1例    熊本 上益城郡

脾臓の血管肉腫は非常に悪性度の高い腫瘍です。 脾臓にできる腫瘍の45〜51%の割合で発生し、 大部分は中高齢に発生します。       好発犬種としてジャーマン・シェパード、 ゴールデン・レトリーバー、 ラブラドール・レトリーバーが 知られています。   転移部位として肝臓、大網、心臓などが知られています。         検査として、レントゲン検査、超音波検査が用いられます。 しかし、レントゲン検査、超音波検査、開腹時の肉眼所見で 診断をすることはできず、摘出して病理検査に出すことでしか 確定診断することはできません。         また術中術後の合併症として不整脈、 DIC(播種性血管内凝固)が起る非常に危険な腫瘍です。       治療法として外科的治療が第1選択となります。           G・レトリーバー 避妊メス 11歳齢 1週間ほど前から元気食欲がないとのことで 他院を受診されました。     … 続きを読む

Posted in 犬の病気 | コメントは受け付けていません。

炎症性ポリープの悪性転化が疑われる直腸腺癌を粘膜プルスルーにより切除した犬の1例  熊本市 西区

近年、国内のミニチュア・ダックスフントにおいて 炎症性結直腸ポリープが好発することが報告されています。 中高齢の雄のミニチュア・ダックスフントに好発し、 症状として血便、しぶり、軟便、下痢、肛門からの ポリープの脱出などが見られます。 治療には免疫抑制剤が効果的だと報告されています。       症例 ミニチュア・ダックスフント 雄 11歳齢   便に血が混ざっている。との主訴で来院されました。 直腸検査を行い、肛門から数cmのところに腫瘤が 見つかりました。 (このあと、手術中の写真などが出てきます。了解いただいた方のみご覧ください)

Posted in 犬の病気 | コメントは受け付けていません。

トップページ治療案内 当院の理念当院のご紹介設備紹介スタッフ紹介どうぶつのわみんなの写真館よくあるご質問お問合わせ

たかた動物病院 〒862-0913 熊本市東区尾ノ上1丁目43-18 TEL:(096)387-6433 Copyright (C) 2009 Takata Animal Hospital. All Rights Reserved.